日テレNEWS
社会
2012年8月2日 17:20

復興支援感謝、福島の3人1万3千キロ走破

復興支援感謝、福島の3人1万3千キロ走破
(c)NNN

 東日本大震災の復興支援への感謝を伝えるため、ユーラシア大陸をマラソンで横断した福島県出身の男性3人が2日、東京にゴールした。

 フランス・パリから東京まで約1万3300キロのマラソンに成功したのは、羽鳥兼市さん(71)と息子の彰人さん(28)、須釜武伸さん(50)。羽鳥さんらは、震災で世界から日本へ寄せられた支援への感謝を伝えるため、去年6月にパリを出発し、ヨーロッパ、中東、中央アジア、中国と13か国を走破。日本の被災地などを回り、2日昼過ぎに東京でゴールした。待ちわびていた仲間たちに祝福を受け、3人は笑顔で応えていた。

 「今、一番何がしたいですか」と聞かれた羽鳥さんは「すぐ風呂に入りたい」と話していた。