日テレNEWS
社会
2012年8月8日 21:50

岩手・釜石湾の湾口防波堤復旧工事を公開

岩手・釜石湾の湾口防波堤復旧工事を公開
(c)NNN

 岩手・釜石湾で8日、東日本大震災による津波で大きな被害を受けた湾口防波堤の復旧工事の様子が市民に公開された。

 この見学会は国交省の釜石港湾事務所が行ったもので、工事関係者や夏休み中の子供ら約60人が見学のため、船に乗り込んだ。一行は最初、湾口防波堤の本体として積み上げられる巨大なコンクリート製ブロック「ケーソン」の製作現場を訪れた。湾口防波堤の復旧には46基のケーソンが必要で、先月からこの作業場で、最初となる30メートル四方のケーソンの製作が始まった。

 一行はこの後、被害に遭った湾口防波堤を見学し、改めて津波の力の大きさを実感していた。

 釜石湾の湾口防波堤は、15年度の復旧を目指している。