日テレNEWS
社会
2012年8月26日 21:17

台風15号 沖縄本島を通過

台風15号 沖縄本島を通過
(c)NNN

 台風15号は、大型で非常に強い勢力のまま、26日午後9時前に沖縄本島を通過した。気象庁は、最大級の警戒を呼びかけている。

 今後、台風15号は非常に強い勢力のまま東シナ海を北上する見込み。ただ、暴風域が広く、速度が遅いため、沖縄・奄美地方は長時間、大荒れの状態が続くとみられる。最大瞬間風速は70メートルと予想され、記録的な暴風となるおそれがある。

 27日夕方までの予想雨量は多いところで250ミリから400ミリとなっており、大雨にも警戒が必要。