日テレNEWS
社会
2012年9月1日 11:43

既存ダムで国内初 荒瀬ダムの撤去工事開始

既存ダムで国内初 荒瀬ダムの撤去工事開始
(c)NNN

 既存のダムとしては全国で初めてのケースとなる、熊本県営荒瀬ダム(八代市坂本町)の撤去工事が1日に始まった。

 荒瀬ダムでは1日午前8時、作業員がダム本体の上の道路を通行止めにし、今後の測量作業に備えた。

 荒瀬ダムは熊本県営の発電専用ダムとして55年、熊本県南部を流れる球磨川に造られたが、地元の住民が環境悪化などを理由に撤去を求め、02年に当時の知事が撤去を決めた。その後、現在の蒲島郁夫知事が財政難を理由に存続に方針転換したものの、10年に再び撤去にかじを切った。

 撤去工事は、来月にもゲートの撤去など具体的な作業に入り、18年3月に終わる予定。