×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

台風16号 強い勢力保ち、九州の西を北上

2012年9月17日 10:16
台風16号 強い勢力保ち、九州の西を北上

 大型で強い台風16号は17日午前10時現在、強い勢力を保ったまま九州の西を北上しており、九州北部を暴風域に巻き込みながら朝鮮半島へ向かっている。

 17日朝に暴風域に入った長崎県では猛烈な風が吹き、上五島空港で42.2メートル、長崎市野母崎で41.1メートルの最大瞬間風速を観測した。

 台風16号は、この後も強い勢力を保ったまま九州の西を北上する。17日昼頃には朝鮮半島へ上陸し、同日夜には朝鮮半島の東へ抜ける見込み。

 この台風や前線に吹き込む湿った南風の影響で、大雨になるおそれがある。18日朝までに予想される雨量は、いずれも多い所で、四国地方で400ミリ、東海地方で300ミリ、九州北部地方で250ミリ、近畿地方で200ミリ、九州南部地方で100ミリとなっている。暴風や高潮、土砂災害などに厳重な警戒が必要。