日テレNEWS
社会
2012年9月22日 11:47

オスプレイ 22日も試験飛行続く

オスプレイ 22日も試験飛行続く
(c)NNN

 山口・岩国基地に一時的に駐機しているアメリカ軍の新型輸送機「MV22オスプレイ」は21日に引き続き、22日も、沖縄・普天間基地への配備に向けた試験飛行を行っている。

 政府が国内での飛行を認める安全宣言を行ったことを受け、岩国基地では21日からオスプレイの試験飛行が行われている。22日は午前9時12分と午前9時30分に2機のオスプレイが相次いで離陸した。飛び立ったオスプレイは瀬戸内海上空で飛行モードを変え、山口県西部方面に向かった。22日は、午前11時20分現在、4機が試験飛行を行っている。試験飛行は1週間から10日程度の予定で、オスプレイは早ければ今月中にも配備先の普天間基地に移動する。

 オスプレイは普天間基地に配備された後、10月中旬にも本格運用が始まる予定で、本州・四国・九州の7本のルートで年間330回の低空飛行訓練が計画されている。