日テレNEWS
社会
2012年11月26日 22:05

27日の北日本は猛吹雪のおそれ

27日の北日本は猛吹雪のおそれ
(c)NNN

 26日は東日本や西日本で雨や風が強まったが、27日は北日本で冬の嵐になる見込み。暴風や高波の他、北日本では猛吹雪にも厳重な警戒が必要。

 26日は、低気圧や前線の影響によって各地で雨が降ったが、夜になって太平洋側では雨はほとんどやんだ。一方、日本海側は広範囲に雨雲が広がり、雪に変わった所もある。

 27日は低気圧が東の海上で発達し、冬型の気圧配置に変わるため、北日本を中心に風が強く吹き、海は大しけになる見込み。また、北日本は雪を伴って猛吹雪になるおそれもある。

 27日にかけて予想される最大風速は、北海道と東北で25メートル、北陸で22メートルとなっている。また、海上では27日にかけて、北海道と東北(日本海側)、北陸、関東、東海で最大6メートルの高波が予想されている。