日テレNEWS
社会
2012年12月9日 8:27

強い寒気、日本海側で大雪や猛吹雪に警戒

強い寒気、日本海側で大雪や猛吹雪に警戒
(c)NNN

 冬型の気圧配置が強まっており、日本海側では10日にかけて大雪や猛吹雪に警戒が必要となっている。

 9日午前8時現在、西日本から北日本の日本海側を中心とした広い範囲に寒気を伴う雪雲がかかっていて、大阪や奈良でも初雪を観測した。

 日本付近は10日にかけて非常に強い寒気が流れ込むため、西日本から北日本の日本海側とオホーツク海側を中心に広範囲で雪が降り続き、大雪となる見込み。10日朝までに降る雪の量は、多い所で、東北と北陸で100センチ、北海道では90センチ、岐阜県で70センチなどと予想されている。

 また、北日本を中心に非常に強い風が吹く見込みで、北日本や北陸では暴風雪による交通機関の乱れや高波にも警戒が必要となっている。