日テレNEWS
社会
2013年1月20日 13:11

「災いなくし福招く」節分豆まきの福枡作り

「災いなくし福招く」節分豆まきの福枡作り
(c)NNN

 和歌山・那智勝浦町の青岸渡寺で、節分の豆まきに使われる福枡(ます)作りが始まった。

 節分の豆まきに使われる青岸渡寺の福枡は、裏山の熊野杉と檜(ひのき)を使って作られる。「災いをなくし、福を招く」という意味の焼印が押され、裏側には平成25年の年号が手作業で書き上げられる。

 福枡は来月3日の節分までに1300個作られ、福豆とともに参拝客に配られる。