日テレNEWS
社会
2013年1月28日 19:34

B787 国交省がバッテリー会社を検査

B787 国交省がバッテリー会社を検査
(c)NNN

 「全日空」のボーイング787が16日、香川・高松空港に緊急着陸したトラブルで、国交省は28日、煙の発生元となったメーンバッテリーのメーカーへの立ち入り検査の結果、製造工程などに問題はなかったことを明らかにした。

 調査チームらは調査の範囲を広げ、28日からバッテリーの電圧などを監視する装置を製造した神奈川県の「関東航空計器」に立ち入り検査を行い、品質管理が適切かなどを確認している。