日テレNEWS
社会
2013年1月30日 17:20

中央線架線支障で緊急停車、乗客らを誘導

中央線架線支障で緊急停車、乗客らを誘導
(c)NNN

 30日午後、東京・国分寺市の住宅の建築工事現場で、工事の足場などが崩れ、現場脇のJR中央線の架線に倒れかかった。中央線は運転を見合わせている。停車した電車の乗客2人が気分が悪くなるなどした。

 東京消防庁などによると、30日午後1時頃、国分寺市の中央線沿いの住宅の建築工事現場で、強風にあおられて足場の鉄パイプや防護ネットなどが中央線の架線に引っかかった。現場に差し掛かった上り電車が緊急停車し、乗客を線路に降ろして最寄り駅に誘導したという。

 この影響で、JR中央線は東京と立川の間の上下線で運転を見合わせていて、再開は30日午後6時頃になる見通し。