日テレNEWS
社会
2013年2月17日 15:38

高さ20メートルの滝で水行 福島市

高さ20メートルの滝で水行 福島市
(c)NNN

 福島市にある寺で17日、いてつく寒さの中、恒例の水行が行われた。

 17日朝の福島市は最低気温が氷点下3.5℃となった。飯坂温泉近くにある中野不動尊では、寒さが最も厳しいこの時期に滝に打たれて身を清める水行が行われている。

 県内外から集まった15歳から69歳の男女42人は、滝つぼで水を掛け合った後、約20メートルの高さから流れ落ちる滝に打たれ、一心不乱に般若心経を唱えた。

 水行は28日にも行われる。