日テレNEWS
社会
2013年2月22日 14:42

787トラブル「誤ってコーティング付着」

787トラブル「誤ってコーティング付着」
(c)NNN

 「日本航空」のボーイング787の燃料漏れトラブルで、国交省は22日、「燃料タンクの開閉装置の一部に間違えてコーティングが付着していた」などとする調査結果をまとめた。

 このトラブルは先月、日本航空のボーイング787がアメリカと成田空港で燃料漏れを起こしたもの。

 国交省によると、成田空港のトラブルでは、本来、付いてはいけない絶縁のコーティングが燃料タンクのバルブの開閉装置の一部に付着していたことがわかった。その結果、バルブが開いたままの状態になった可能性が高いという。また、アメリカでのトラブルでは、製造工程で燃料タンクの中に残ったとみられる異物がバルブに挟まっていた。

 国交省は22日、再発防止策として飛行前の点検などを航空会社に指示した。