日テレNEWS
社会
2013年3月19日 18:07

再生医療の安全推進 専門家会議開かれる

再生医療の安全推進 専門家会議開かれる
(c)NNN

 iPS細胞(=人工多能性幹細胞)などを使って臓器を再生させて治療する「再生医療」について、19日、いかに安全に推進するか、専門家の会議が開かれた。

 厚労省の会議では、iPS細胞などを使ったリスクが高い治療は、専門家の委員会の了承と厚労相の承認を得て行うべきとしている。一方で、再生医療の産業化を後押しするため、ヒトの細胞から作った製品の製造・販売の承認を早めるべきといった意見も出ている。

 厚労省は、これらの意見を基に今の国会での法改正などを検討している。