日テレNEWS
社会
2013年4月11日 2:13

警視庁が大型バイク教室、荒川静香さんも

警視庁が大型バイク教室、荒川静香さんも
(c)NNN

 東京・新宿区で10日、趣味で大型バイクを運転するオリンピックの金メダリスト・荒川静香さんも参加して、安全な運転を学ぶ実技教室が開かれた。

 警視庁が開いた二輪車の実技教室には、荒川さんや仕事でバイクを使う人など約50人が参加した。大型二輪の免許を持つ荒川さんは訓練を終えた後、「周りに気を使いながら走ることが大事」と訴えた。

 また、東京・千代田区の警視庁本部では、より多くの二輪車のライダーに胸やおなかを守るプロテクターを着用してもらおうと、「プロテクター普及推進隊」を発足させ、出発式を行った。二輪車の事故で死亡した人の約4割は、胸や腹部を損傷しているということで、警視庁はプロテクターの積極的な着用を呼びかけている。