日テレNEWS
社会
2013年4月14日 11:42

放鳥トキのペア、2年連続でヒナ誕生

放鳥トキのペア、2年連続でヒナ誕生
(c)NNN

 環境省は14日朝、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのペアに、今年初めてヒナが誕生したと発表した。去年に続き、2年連続のヒナの誕生となる。

 ヒナの誕生が確認されたのは6歳の雄と4歳の雌のペア。ヒナの姿は確認されていないが、13日に親鳥が餌を与える様子が確認されたことから、環境省はヒナが誕生したと判断した。ただ、ヒナを生んだペアは兄妹で、こうした両親から生まれたトキには将来、遺伝的な問題が起きる恐れがある。

 環境省は近く、ヒナを巣から収容し、人工的に飼育する予定。