日テレNEWS
社会
2013年4月17日 18:18

火山活動を示すデータに異常なし~気象庁

火山活動を示すデータに異常なし~気象庁
(c)NNN

 気象庁によると、17日午後5時57分頃、伊豆諸島・三宅島で震度5強の強い揺れを観測する地震があった。この地震によって沿岸で若干の海面変動があっても、津波被害の心配はない。火山活動を示すデータに異常は見られないという。

 震度5強を観測したのは三宅村、震度4を観測したのは新島村、神津島村、御蔵島村となっている。

 三宅島近海では17日午前10時過ぎから地震が相次いでおり、午後5時までに14回の体に感じる地震が起きていた。

 2000年には4か月程度の間に最大震度6弱の揺れを6回観測するなど、非常に活発な地震活動があった。気象庁によると、三宅島では2000年6月に噴火活動が始まり、現在も火山ガスの放出が続いているが、火山活動を示すデータに異常は見られないという。