日テレNEWS
社会
2013年4月18日 21:56

東通原発、活断層でない~東北電力

 原子力規制委員会は18日、すでに「活断層の可能性が高い」との見解を示している青森・東通村の東通原発について評価会合を開き、「活断層」を否定する東北電力から意見を聞いた。

 東北電力・東通原発の敷地内を通る複数の断層については、「活断層の可能性が高い」として、原子力規制委員会の専門家会合が2月に報告書案を示している。

 18日の会合に出席した東北電力は「断層は地下深くで固まり、活動性はない」とする新たなデータなどを示し、あらためて「活断層ではない」と主張した。しかし、専門家からは「一部のデータから結論づけるべきではなく、敷地全体として見るべきだ」などと異論が相次いだ。また、前回の会合で指摘された原子炉建屋の真下などを通る2本の断層についても、「データが少なすぎる」として、活動性を検討するよう再調査を求めた。

 専門家会合は今後、2月に示した報告書案についてさらに議論を行い、最終的な報告書をまとめる方針。