日テレNEWS
社会
2013年4月29日 2:13

全日空、6月からB787を営業運航再開へ

全日空、6月からB787を営業運航再開へ
(c)NNN

 相次ぐトラブルで運航停止になっていたボーイング787について、全日空は改良したバッテリーの安全性を確かめる確認飛行を行うとともに、6月1日を目標に営業運航を再開すると発表した。

 これまでに2機のボーイング787でバッテリーの改修作業を終えた全日空は28日、羽田空港で初めて確認飛行を行った。確認飛行は、出火を防ぐなどの改善策を取ったバッテリーが安全に機能するかなどを確かめるため、約2時間にわたって行われた。

 確認飛行に搭乗した全日空・伊東会長「確認フライトは、全く問題なく終えることができた。お客様に安心してご搭乗いただけるよう、全力を尽くして努力していく」

 伊東会長は、バッテリーは正常に機能したと述べるとともに、営業運航の再開について、6月1日を目標に準備を進め、5月には臨時便も検討していることを明らかにした。

 今後、全ての787型機で確認飛行を行いながら、運航する路線を決定するという。