日テレNEWS
社会
2013年5月2日 12:31

兵庫高2自殺 いじめと関連ない~第三者委

兵庫高2自殺 いじめと関連ない~第三者委
(c)NNN

 去年、兵庫県川西市でいじめを受けた高校生が自殺した問題で、県の第三者委員会が2日、「いじめと自殺の関連はない」とする調査結果をまとめた。

 去年9月、川西市内の県立高校に通う2年の男子生徒が自宅で自殺し、その後、学校で「ムシ」と呼ばれたり、蛾(が)の死骸を椅子に置かれたりするなどのいじめが判明した。県の教育委員会は、外部の識者らによる第三者委員会を設け、いじめの実態や自殺の背景など調査を進めていたが、その結果、委員会は、いじめの事実は認定したものの、遺書など生徒本人の記述が残されていないなどとして、いじめと自殺の関連はないと結論付け、2日朝、報告書を学校側に提出。報告書は学校から遺族側にも手渡された。

 遺族は「学校寄りの内容で残念。こういう報告なら受け取りたくなかった」などと話している。