日テレNEWS
社会
2013年5月10日 12:59

丸亀製麺のザルにカビ 1か月間、公表せず

丸亀製麺のザルにカビ 1か月間、公表せず
(c)NNN

 大手うどんチェーン店「丸亀製麺」で、カビの生えたザルを使用していたことがわかった。運営会社はこの事実を9日まで公表していなかった。

 丸亀製麺を展開する「トリドール」によると、先月7日、静岡県富士宮市の丸亀製麺・富士宮店で、客から「ザルの裏側にカビが生えている」と指摘があった。これを受け、全国698店舗を一斉に点検したところ、2つの店舗でそれぞれ1枚ずつカビの生えたザルが見つかった。この問題による健康被害は今のところないということだが、トリドールはこの問題を9日までの1か月間公表していなかった。

 トリドールでは、カビが生えた原因について、食器を洗った後、十分に乾燥ができていなかったとしていて、公表しなかったことについては、「個別に謝罪し対応すべき事案と判断した」という。