日テレNEWS
社会
2013年5月15日 22:17

公営発電の電力販売を東電以外に~猪瀬知事

公営発電の電力販売を東電以外に~猪瀬知事
(c)NNN

 東京都の猪瀬知事は15日、首都圏の知事や政令指定都市の市長が参加した「9都県市首脳会議」で、各自治体で行っている公営発電による電力を東京電力以外の電力事業者に売ることで、電力の自由化を進めるよう呼びかけた。

 「公営水力発電の新電力の売却、ぜひ一緒に考えていただきたい」-猪瀬知事はこのように提案した上で、「公営水力発電を新電力の市場に組み込んでいくことで、電力の自由化の時代が作られる」として、東京電力の独占体制を崩し、電力の市場改革を進めるためにも各自治体が新電力事業者との契約を進めるよう呼びかけた。

 東京都は今年4月から、保有する水力発電所の電力の販売について、東京電力との契約を解約し、新電力の会社と販売契約を結んでいる。