日テレNEWS
社会
2013年5月28日 15:26

文科相、原子力機構の抜本的見直しに着手へ

文科相、原子力機構の抜本的見直しに着手へ
(c)NNN

 下村文部科学相は28日午前、茨城県東海村の実験施設での放射性物質漏れ事故を受け、日本原子力研究開発機構の組織を抜本的に見直す考えを明らかにした。

 「安全管理を行う者の安全に関する意識の低さや、安全管理体制の不備が招いたものと考える」-下村文科相はこのように述べ、自らが本部長となって「原子力機構改革本部」を設置し、日本原子力研究開発機構を安全最優先の組織へと抜本的に改革し、国民への信頼回復を目指す考えを示した。

 これは、高速増殖炉「もんじゅ」の点検漏れ問題や、東海村の事故で機構の管理体制の不備が問われ続けていることを重くみたもの。

 また、28日、機構などに対して「安全体制緊急総点検」を行うよう要請することも明らかにしている。