日テレNEWS
社会
2013年7月1日 7:48

うどん県・香川で「新プロジェクト」始まる

うどん県・香川で「新プロジェクト」始まる
(c)NNN

 こんぴらさんの門前町、香川・琴平町で先月30日、新しいプロジェクトのオープニングイベントが開かれ、自治体や観光協会の代表などが鏡開きをした。

 新しいプロジェクトのテーマは「うどん県時間旅行物語」。琴平町では30日、うどん県副知事を務める三豊市出身の俳優・要潤さんなどが昭和時代の車に乗り込むなどして町をパレードした。琴平町は修学旅行生でにぎわった「昭和30年から40年代」、国の特別名勝高松市の栗林公園は「江戸時代」と、それぞれの観光地がにぎわいを見せた時代設定で観光客を迎える。

 うどん県時間旅行物語は12月1日までで、期間中、現役車両では日本最古のレトロ列車も走る。香川県内の観光地の雰囲気をそれぞれの時代に戻して、テーマパークのような心温まるおもてなしを図ることにしている。