日テレNEWS
社会
2013年7月29日 21:58

不妊治療の費用助成、42歳までに~厚労省

不妊治療の費用助成、42歳までに~厚労省
(c)NNN

 体外受精など不妊治療への費用助成について、厚労省の検討会は29日、42歳までと年齢制限を設けることを決めた。

 これは29日の厚労省の検討会で決まったもので、体外受精など不妊治療への費用助成について、42歳までと年齢制限を設けることになった。43歳の時点の妊娠率は2%にとどまり、流産も多いためだという。

 助成は最大で6回までで、40歳以上で治療を始めた人については3回までとしている。検討会は今後、いつから年齢制限を導入するかを決める予定。

 検討会は「税金による助成対象を制限するが、43歳以上で不妊治療する人を非難するものではない」と説明し、移行期間を何年にするかは、今後決める予定。