日テレNEWS
社会
2013年8月1日 20:32

中国地方、2日にかけて激しい雨の恐れ

中国地方、2日にかけて激しい雨の恐れ
(c)NNN

 1日に中国地方や北陸を襲った激しい雨は、午後6時現在、ほぼ小康状態となっているが、2日にかけて雨脚が強まる恐れがある。

 2日も中国地方を中心に、大気の不安定な状態が続く。このため、局地的に雷を伴い、激しい雨の降る所がありそうだ。2日夕方までの予想雨量は中国地方の多い所で120ミリとなっており、引き続き土砂災害に警戒が必要となる。

 一方、西日本では、太平洋側を中心に猛烈な暑さが続いている。宮崎市では38.0℃と、1886年の観測開始以来、最も高い気温を記録した。この暑さは2日以降も続く見込みで、来週にかけて西日本から東日本の広い範囲で35.0℃以上の猛烈な暑さになりそうだ。熱中症にも十分注意が必要。