日テレNEWS
社会
2013年8月5日 14:59

三重・伊賀市特産「白鳳梨」の出荷始まる

三重・伊賀市特産「白鳳梨」の出荷始まる
(c)NNN

 三重県伊賀市の特産「白鳳梨」の出荷が始まった。

 伊賀市の羽根地区で生産される白鳳梨は、果実に虫よけの袋をかけない無袋栽培で育てられた。その名前は伊賀市の観光名所「上野城」の別名「白鳳城」に由来する。盆地ならではの寒暖の差が激しい気候で、太陽の光をいっぱいに浴びて育てられた白鳳梨はみずみずしく、強い甘みが特徴。

 9月中旬頃まで約250トンが出荷される見込みだという。