日テレNEWS
社会
2013年8月14日 18:38

160地点で猛暑日 大阪で38℃超

160地点で猛暑日 大阪で38℃超
(c)NNN

 14日も日本列島の広い範囲で猛烈な暑さとなった。

 大阪では朝から気温がぐんぐん上がり、最高気温は38.4℃と、今年一番の暑さになった。大阪・豊中では、14日の全国最高気温となる38.9℃を記録している。

 一方、4日連続で40℃を記録した高知・四万十市江川崎では、40℃には届かなかったが、14日も38.6℃まで上がっている。

 この他、午後4時過ぎの時点で、全国927地点中160地点で35℃以上の猛暑日になった。この猛烈な暑さは今月いっぱい続く見通しで、引き続き熱中症に警戒が必要。