日テレNEWS
社会
2013年8月25日 12:26

島根豪雨 JRの橋脚流され線路が宙づりに

島根豪雨 JRの橋脚流され線路が宙づりに
(c)NNN

 24日、記録的な大雨に見舞われた島根県西部では、25日も1時間に80ミリを超す雨が降り、川本町でJR三江線の橋脚が流された。コンクリートの橋脚は根元から折れて川の水に押し流されたとみられ、線路が宙づり状態になっている。

 25日午前9時までの島根県西部の総雨量は、江津市桜江町で474ミリ、浜田市で382ミリ。また、島根県の雨量計では浜田ダムで542ミリ、江津市で519ミリとなっている。

 江津市の有福温泉では寸断された道路が復旧し、孤立状態は解消されたが、川のように水があふれ、多くの車が押し流されるなど温泉街は壊滅的な被害を受けている。

 また、25日午前4時過ぎまでの時間雨量は、益田市高津で87ミリ、益田で77ミリで、益田市では駅前一帯が一時冠水した。

 島根県では邑南町で男性(86)が行方不明になっている他、住宅の全半壊が5棟、床上・床下浸水が326棟の被害が出ているという。また、約3万7000人に避難勧告が出されている。