日テレNEWS
社会
2013年9月5日 17:24

原子力規制委、大飯原発の安全審査へ

原子力規制委、大飯原発の安全審査へ
(c)NNN

 福井県の大飯原発3、4号機の敷地内を通る断層について、専門家会合が「活断層ではない」との見解を示したことを受けて、原子力規制委員会は大飯原発の安全審査に着手することを決めた。

 規制委員会の専門家会合は、今月2日、大飯原発の敷地内を通る断層について、「耐震設計上、考慮すべき活断層ではない」との見解で一致し、報告書のとりまとめに入った。一方、関西電力は今月中に定期検査に入る3、4号機の再稼働に向けて、7月に安全審査を申請している。

 規制委員会は5日、問題の断層について必要な知見は得られたとして、安全審査に着手することを決め、早ければ来週にも審査入りする方針を示した。しかし、大飯原発は敷地外の活断層に影響される可能性も指摘されていて、再稼働の時期は不透明。