日テレNEWS
社会
2013年9月20日 14:03

貨物列車脱線で事故調査官現地入り 北海道

貨物列車脱線で事故調査官現地入り 北海道
(c)NNN

 JR函館線の大沼駅構内で起きた貨物列車の脱線事故で、20日午前10時半頃、運輸安全委員会の事故調査官が調査を始めた。

 19日午後6時過ぎに起きた事故では、貨車17両のうち4両が脱線した。列車が発車した直後に切り替えのポイント付近で脱線したといい、調査官はそのポイント付近を中心に線路や車両の調査をしている。

 復旧作業は、この調査が終了した後の予定で、見込みは立っていない。