日テレNEWS
社会
2013年9月25日 23:47

函館線事故 レール幅広がり“基準の2倍”

函館線事故 レール幅広がり“基準の2倍”
(c)NNN

 今月19日に起きたJR函館線の列車脱線事故で、レール幅が基準の2倍近くに広がっていたことが明らかになった。

 運輸安全委員会・後藤昇弘委員長「脱線箇所付近の軌間を本事故後に計測したところ、37ミリでありました」

 6月にJR北海道が行った検査では、レールの幅が25ミリ広がっていたことが既にわかっていたが、事故を受けた調査結果では、広がりは37ミリだったことが25日の発表でわかった。

 これは、JR北海道の基準のおよそ2倍。ただ、運輸安全委員会は、事故で広がった分も含まれている可能性があるとみている。

 トラブルが相次ぐJR北海道。国土交通省は、大臣をトップとする連絡会議を設置している。