日テレNEWS
社会
2013年11月2日 11:55

被災の住民、避難所から都住宅へ 伊豆大島

被災の住民、避難所から都住宅へ 伊豆大島
(c)NNN

 土砂災害で大きな被害が出た伊豆大島(東京・大島町)で2日、避難所で生活していた人たちが島にある東京都の住宅に入居を始めた。

 住宅が壊れるなどして避難所で生活していた住民は33人で、2日はこのうち27人が、被害を受けなかった東京都の教職員住宅に移った。

 被災している住民「ちょっと落ちつけるかなという感じ」「うれしいですよ。たとえどうであっても家がないからね」

 この住宅が利用できるのは来年の3月末までで、大島町は仮設住宅の建設も検討している。