日テレNEWS
社会
2013年11月15日 12:13

検定見直し、教科書に“政府見解”記載を

検定見直し、教科書に“政府見解”記載を
(c)NNN

 文部科学省は、教科書検定の基準を見直し、歴史認識などで政府の統一見解がある場合はそれを記載するよう求める方針を明らかにした。

 これは15日、下村文部科学相が閣議後の会見で明らかにしたもの。小・中・高校の教科書検定基準を変えて、歴史認識などで政府の統一見解や確定した判決がある場合はそれを記載すること、また、通説がない場合は見解を並列して記載するなどして、よりバランスが取れた記述にすることを求めるという。

 下村文科相「中国や韓国から批判されるようなことをことさら大きく書こうということが教科書改革実行プランではない」

 今後、教科書検定に関する審議会で詳細な検討が行われ、まず、中学で3年後に使用される教科書からこの基準が反映される見通し。