日テレNEWS
社会
2013年12月12日 22:36

原発事故「有害業務」めぐり18社是正勧告

原発事故「有害業務」めぐり18社是正勧告
(c)NNN

 福島第一原発で、事故の収束作業にあたる東芝など18社が労働基準法違反で是正勧告を受けていたことが分かった。労働基準法では、放射線にさらされるなどの「有害業務」の労働時間を1日につき10時間を上限としているが、東芝など18社は1日10時間を超えて作業員を働かせていたという。

 是正勧告を受けた東芝では「原発内の打ち合わせや待機時間を有害業務の時間にカウントしていなかった、有害業務について認識の違いがあった」などと説明していて、10月中旬には改善したとしている。