日テレNEWS
社会
2013年12月26日 16:14

気象庁、来年度から「竜巻発生情報」発表へ

気象庁、来年度から「竜巻発生情報」発表へ
(c)NNN

 今年も各地で竜巻による被害が相次いだが、気象庁は、来年度から、竜巻の目撃情報をもとにした「竜巻発生情報」を新たに発表して、注意を呼びかけることを決めた。

 これは、26日午前に開かれた政府の「竜巻等突風対策局長級会議」で決まったもの。「竜巻発生情報」は、住民から地元の消防本部などに寄せられた情報や気象庁職員の目撃情報をもとに気象台が発表する。

 最近の事例では、複数の竜巻が時間をおいて発生するケースもあったことから、この「発生情報」を出すことで、その地域で「別の竜巻が発生する可能性がある」と注意を呼びかけることができるという。

 「発生情報」は、自治体の防災行政無線などで住民に伝えられる。