日テレNEWS
社会
2014年1月1日 20:12

今年も無事で…伝統の「鰤分け神事」射水市

今年も無事で…伝統の「鰤分け神事」射水市
(c)NNN

 出世魚の鰤(ぶり)を切り分けて各家庭に配り、今年一年の平安を祈る「鰤分け神事」が1日、富山・射水市の加茂神社で行われた。

 この神事は、加茂神社が創建された平安時代から続いていて、毎年元日に行われる。神前には下村や倉垣小杉など6つの地区から奉納された塩鰤6本が並べられ、神職が祝詞を奏上する中、正装した氏子が鰤を高々と掲げ、地区名を読み上げる儀式を行った。奉納された鰤は、神前で料理役が手際よく切り分けていった。

 鰤は出世魚で縁起が良く、けがれを避けるため、生ではなく塩鰤を奉納するのが習わし。切り分けられた鰤は約230軒の氏子の家に配られ、氏子たちは一年間の無病息災や家内安全などを祈りながら食べるという。