日テレNEWS
社会
2014年1月10日 21:35

学術分野の第一人者が講義「講書始の儀」

学術分野の第一人者が講義「講書始の儀」
(c)NNN

 皇居で10日、恒例の「講書始の儀」が行われ、天皇・皇后両陛下や皇族方が講義を受けられた。

 講書始の儀は毎年1月に行われるもので、両陛下が皇族方とともに学術分野の第一人者から講義を受けられる。今年は、2008年にノーベル物理学賞を受賞した小林誠さんら3人が合わせて1時間ほど講義を行った。

 両陛下は、印刷文化の歴史や労働法、素粒子物理学について資料を読みながら熱心に聞き入られていた。