日テレNEWS
社会
2014年1月20日 11:07

天竜川で新春恒例「大寒みそぎ」 浜松市

天竜川で新春恒例「大寒みそぎ」 浜松市
(c)NNN

 20日は一年で一番寒いといわれる大寒。静岡県浜松市の天竜川では、神職による新春恒例の大寒みそぎが行われた。

 20日朝の天竜川の水温は1℃。身を切るような冷たい水でのみそぎを前に、40歳以下の神職ら30人が白鉢巻きに下帯姿になり祝詞を唱えた後、「エイ、エイ」と気合を入れた。そして天竜川に胸まで漬かって両手を合わせ、もう一度祝詞を唱え、身体を真っ赤にして水から上がった。

 大寒みそぎは神職としての精神修行の一環として行う行事で、20日朝の天竜川の水温に、参加者は例年にも増して身を引き締めている様子だった。