日テレNEWS
社会
2014年2月3日 18:42

“地球深部に水”愛媛大研究チームが初証明

“地球深部に水”愛媛大研究チームが初証明
(c)NNN

 愛媛大学の研究チームによると、地球内部の水はこれまで地下約1250キロ地点で高圧・高温によって脱水分解すると考えられてきた。しかし、今回、研究チームは地球の深部を再現できる装置を使って1250キロを超えても水分が存在していることを世界で初めて証明したという。

 この研究成果は、地球の成り立ちを知る上でも貴重な成果と注目されている。