日テレNEWS
社会
2014年2月19日 12:09

山梨のJR中央線が運転再開 駅は混雑

山梨のJR中央線が運転再開 駅は混雑
(c)NNN

 記録的な大雪となった山梨県では、中央道に続いてJR中央線もようやく運転を再開した。

 JR中央線は18日夜から高尾~小淵沢の上下線で運転を再開し、19日の始発から1時間に1本の割合で運行している。一般道路は残雪が多く、混乱が続いているため、駅は利用者で混雑した。

 一方、山梨県内では18市町村で1584人が孤立していて、19日も自衛隊などが除雪作業を進めている。

 また、大雪の影響で山梨県内では死者も増えている。富士吉田市では屋根から落ちてきた雪に巻き込まれ、70歳の女性が死亡したほか、笛吹市と中央市では止まっていた車の中で一酸化炭素中毒で死亡したとみられる男性が見つかった。今回の大雪による山梨県内の死者は、これで5人となった。