日テレNEWS
社会
2014年3月14日 4:43

広島で震度5弱、1人軽傷 高速通行止めも

広島で震度5弱、1人軽傷 高速通行止めも
(c)NNN

 14日未明、広島県内では県西部の大竹市や呉市などで震度5弱を観測した。

 震度5弱を観測したのは呉市、大竹市、東広島市、安芸高田市。広島市中区などでは震度4を観測した。

 震度5弱を観測した呉市では、3階建ての古いビルで外壁の一部が崩れ歩道に散乱した。ケガ人の情報はない。

 この他、安芸高田市で63歳の男性が頭を打って、軽いケガをした。

 タクシーの運転手「ビルがぐらぐらと音を立ててゆれた。結構強い地震だと思った」

 また、高速4号線が安全確認のため通行止めになっている。