日テレNEWS
社会
2014年3月14日 22:01

愛媛で5強 南海トラフ地震との関連性は?

愛媛で5強 南海トラフ地震との関連性は?
(c)NNN

 14日未明、瀬戸内海西部の愛媛県沖を震源とする地震があり、周辺で震度5強などの強い揺れを観測、愛媛県で水道管の破裂やケガ人が発生するなどの被害があった。この地震で最も気になったのが、南海トラフ巨大地震との関連性だ。

 14日未明、四国・九州・中国地方の広い範囲を襲った震度5弱以上の地震。13年ぶりの強い揺れに地元の人は…。

 愛媛・松山市民「ガシャンガシャンいって、やばいやばいって言って。本当に怖かった。ビビった。びっくりした」

 愛媛・西予市民「自分が感じた事がないような揺れだった」

 大分市民「結構揺れた。訳わかんなかった」

 最大震度5強を観測した愛媛・西予市では、土砂崩れや落石などで通行止めとなる道路も出ている。また、石垣が崩れるなどの被害が出た民家もあった他、2か所で水道管が破裂する被害が出ている。愛媛県では1人がケガをした。

 四国電力によると、震度5弱だった愛媛・伊方町の伊方原子力発電所ではこれまでのところ、異常は確認されていない。

 瀬戸内海を震源とする今回の地震のマグニチュードは6.2、震源の深さは78キロと推定され、愛媛で最大震度5強、四国、九州、中国地方の広い範囲(広島、山口、大分、高知)で震度5弱を観測した。

 最大震度5弱を観測した大分・国東市では、住宅の屋根瓦が落下する被害があった。大分県では2人がケガをしている。

 呉市などで震度5弱を観測した広島県では、建物の壁が崩れるなど7棟に被害が出て、9人がケガをした。

 6県で合わせて19人がケガをした今回の地震、南海トラフ巨大地震との関連はあるのだろうか。気象庁は14日午前4時頃からのの会見で、震源の深さやメカニズムが異なる事から、今回の地震が南海トラフ巨大地震に直接結びつくものではないとした見解を示している。

 気象庁「南海トラフ巨大地震の想定される地震の(震源の)深さは、もっと浅いところ。今回の地震は、かなり違った場所で起こっているとみている」

 気象庁では、今後1週間は最大で震度4程度の余震が起きる恐れがあるとして注意を呼びかけている。