日テレNEWS
社会
2014年3月24日 19:25

朝鮮総連 本部売却決定に“不服”申し立て

朝鮮総連 本部売却決定に“不服”申し立て
(c)NNN

 東京都の朝鮮総連中央本部の土地・建物をめぐる競売で、東京地方裁判所は高松市の「マルナカホールディングス」に売却を許可した。朝鮮総連は24日の売却決定を不服とする申し立てをした。

 朝鮮総連の弁護士「(落札額が)きわめて低額な買受申出人(マルナカホールディングス)に売却許可の決定を与えるのは非常に法律の制度の趣旨に反すると」

 総連本部の再入札では当初、モンゴルの会社が約50億円で落札したが書類の不備で売却が認められなかった。東京地裁は次に高い価格をつけた「マルナカホールディングス」に売却を認めたが、売却額は28億円減っている。このため朝鮮総連は、「裁判所の手続きには、重大な誤りがある」として、東京高裁に24日の売却決定を不服とする「執行抗告」を申し立てた。