日テレNEWS
社会
2014年5月2日 19:11

消防士長が搬送女性の自宅訪問 手など握る

消防士長が搬送女性の自宅訪問 手など握る
(c)NNN

 横浜市消防局の救急隊員が、搬送した女性の自宅を翌日に訪れ、女性の手を握るなどの不適切な行為をしていたことがわかった。

 横浜市消防局によると、先月10日、横浜市の30代の女性から体調不良を訴える通報があり、救急隊員の40歳の男性消防士長らが、女性を病院に搬送した。

 翌日、非番だったこの消防士長は自宅に戻っていた女性を私服で訪ね、「お体の具合はいかがですか」などと言って、数十分間、女性の体をさすったり手を握るなどしたという。数日後、女性が消防署に相談したことで発覚した。

 消防局の調べに対し、消防士長は「すてきな女性だったので好意を抱いた」などと話しているということで、消防局は事実関係を確認し、処分を行う方針。