日テレNEWS
社会
2014年5月11日 19:44

宇治山田商野球部 上級生が後輩に金品要求

宇治山田商野球部 上級生が後輩に金品要求
(c)NNN

 甲子園出場経験を持つ三重県伊勢市の県立宇治山田商業高校野球部で、上級生が後輩部員に金品を要求するなどしていたことが分かり、学校側は野球部の活動自粛を決めた。

 伊勢市の宇治山田商業高校によると、今月、野球部の2年生部員2人がそれぞれ、後輩の1年生部員に対し、服や帽子を買わせたり、現金を要求していたという。9日、1年生の1人が「野球部を辞めたい」と担任に相談したことから行為が発覚。さらに先月、複数の2年生部員が1年生に「面白いことをやれ」などと強要し、肩や腹を拳で殴る暴行を加えていたことも分かった。金品を要求した2人の2年生部員は、「何も考えずにやってしまった」と話しているという。

 学校側は高野連に事実を報告し、野球部の活動を11日から自粛することを決めた。

 宇治山田商業高校・勢力稔校長「私たちの指導が彼らの心に届いていなかったので、教育者として残念に思い、無力感を感じています。伝統ある“山商”の名を汚すようなことになり、申し訳なく思っております」

 宇治山田商業高校の野球部は、甲子園に春夏合わせて4回の出場経験がある。