日テレNEWS
社会
2014年5月13日 16:50

くみ上げた地下水 海への放出基準下回る

くみ上げた地下水 海への放出基準下回る
(c)NNN

 福島第一原発の地下水バイパスでくみ上げた地下水に含まれる放射性物質の濃度が、第三者機関の調査で海への放出の基準を下回っていたことが分かった。

 汚染水対策の一つ、地下水バイパスでは先月、井戸からの地下水のくみ上げが始まり、一時的にタンクにためられている。東京電力は、この地下水に含まれる放射性物質の濃度を調べるため、第三者機関の「日本分析センター」に詳細分析を依頼していたが、12日までに海への放出基準を下回っていた事が分かった。

 国と東京電力は、県や漁業者に説明した上で今月21日午前中にも初めて海へ放出する方針。