日テレNEWS
社会
2014年6月10日 18:01

神奈川県が5児相を調査 51人が所在不明

 神奈川県厚木市で当時5歳の男の子の遺体が見つかった事件を受けて、神奈川県は県内の5つの児童相談所で所在のわからない子どもについて調査を行った。

 その結果、10日午前までに、本人確認や、家族以外の第三者に所在の確認ができなかった児童は、家出や引きこもりの児童も含めて51人いたという。神奈川県は引き続き、調査を進めるとしている。