日テレNEWS
社会
2014年6月13日 15:28

クラブ営業規制緩和、風営法改正案を提出へ

クラブ営業規制緩和、風営法改正案を提出へ
(c)NNN

 古屋国家公安委員長は13日午前の閣議後会見で、客にダンスをさせる「クラブ」の営業規制を緩和し、秋の臨時国会に風営法の改正案を提出する方針を明らかにした。

 古屋国家公安委員長は「確かに世の中が変わってきているので、そういった空気はしっかり斟酌(しんしゃく)しつつも、やはり深夜の色々なトラブルが現実に生じているのでどういう形で調整していくか」と述べ、風営法のダンスの営業規制を緩和する考えを示した。

 現在の風営法ではダンス営業は営業できる時間が制限されているが、風営法の規制対象から外すことや深夜の営業時間の見直しが検討されるという。

 今後、警察庁に有識者会議を設置して議論し、秋の臨時国会で風営法の改正案を提出する方針。