日テレNEWS
社会
2014年6月20日 18:26

“セクハラ”ヤジ 自民・野田氏「不愉快」

“セクハラ”ヤジ 自民・野田氏「不愉快」
(c)NNN

 東京都議会の本会議で18日、女性議員に対し、セクハラともとれる内容のヤジが飛んだ問題で、女性議員らは20日、発言した議員への処分を求める要求書を議長へ提出した。

 この問題は、都議会本会議で18日、「みんなの党Tokyo」の塩村文夏議員に対し、男性の声で「早く結婚した方がいい」などとヤジが飛び、波紋が広がっているもの。

 塩村議員は20日、「名誉を害し、侮辱に及ぶものであった」として、発言者の処分を求める要求書を議長に提出した。

 塩村議員「犯人捜しという状況になって判明するよりも、先に申し出ていただいた方が、いろいろな意味ですっきりすると思いますし、私自身も少し心の傷が癒えるといいますか」

 塩村議員は、また、発言者の特定を求めるとともに、再発防止の措置を取るよう訴えた。

 この問題で自民党の野田聖子総務会長は会見で次のように話した。

 野田総務会長「とても不愉快ですよ。どうしても本音っていうのはあるんでしょう。でも、それは通用しない時代になったということを、肝に銘じて頂きたい」

 そして猛省して欲しいと話した。